■循環型社会への取り組み

亜熱帯気候で成長の早い小笠原の樹木、これらの整備、駆除など小笠原では莫大な公共投資をしております。これらをエネルギー、経済面で循環させるような仕組みづくりに私たちは島内インフラを担っている島外企業と協力しチャレンジしていきたいと考えております。

<活動の軌跡>

・2022年05月 『世界が注目!?小笠原の厄介者アカギが高品質なリコーダーに』

・小笠原わらしべプロジェクト『Team Wood Recycle』についてはここをクリック

・2022年05月 『Team Wood Recycle』お手伝いイメージ動画

・2022年05月 資源循環プロジェクト『Team Wood Recycle (TWR)』【参加者募集中】

・2022年04月 林野庁訪問!アカギのリコーダー先行展示【小笠原産・楽器】

・2022年03月 炭づくり!【第2回目 無事成功!】

・2022年03月 炭づくり!【第2回目 準備】

・2022年03月 【炭焼きタイムラプス】33時間密着ドキュメント

・2022年03月 炭づくり!場所はどこ?【道案内】

・2022年03月 野生研さんと協働、炭づくり!【試験】

・2022年03月 端材差し上げます!【島民向け】

・2021年12月 「地産地消の資源利用」についてのご報告

・2020年10月 ウェザーステーション景観伐採プロジェクト

・2020年10月 ウェザーステーション周辺の修景伐採と材利用【ギンネムで和紙を作ろう 2日目】

・2020年10月 ウェザーステーション周辺の修景伐採と材利用【ギンネムで和紙を作ろう 1日目】

・2020年09月 環境省誘客推進事業(外来植物の再利用)【外来種を資源としたノベルティグッズ】

・2020年09月 環境省誘客推進事業(参加者募集)

・2020年03月 木工所について

・2020年03月 毎日新聞にアカギギターの記事が取り上げられました!

・2020年03月 小笠原地域振興の新しい取り組みパート3「製材」と「木工所」

・2020年03月 小笠原地域振興の新しい取り組みパート2「生態系保全」と「林業振興」

・2020年02月 小笠原地域振興の新しい取り組みパート1「島の資源」と「その利用」

・2020年02月 倒木だけでガーデンテーブルを生産しよう

・2019年12月 小笠原に木工所を開設しました!

・2019年12月 台風による倒木の有効活用に関して②

・2019年11月 ライブドリアード2019開催

・2019年10月 倒木の有効活用にご協力を!

・2019年10月 台風による倒木の有効活用に関して  

・2019年08月 「天竜T.S.ドライシステム協同組合」様の視察&小笠原のアカギはじめとした国産材楽器や家具などのプロモーション撮影

・2019年07月 小笠原の外来種「アカギ」利用に関するシンポジウム ライブドリアードに参加

・2019年04月 竹ネイチャーアカデミー 『アカギ』のボールペン

・2019年03月 KIMURANOKI 『タマナ(テリハボク)』の食器

・2019年03月 SAKUWOOD 『アカギ』のウクレレ

・2018年11月 林野庁訪問

・2018年11月 「美と健康と文化をつくる日本の農林水産業」をテーマにしたシンポジウム ライブドリアードに参加

・2018年10月 地域協議会の設置

・2018年10月 SAKUWOOD認証協議会への参加

・2018年10月  小笠原諸島返還50周年記念 Music Festival参加ミュージシャン『熾火トークス』ウェルカムボード/ハスノハギリ  柄/ギンネム   花/島の花々  

・2018年09月 みんなの近くの世界遺産

・2018年08月 『オガグワの森プロジェクト』近自然工法による歩道づくりイベント 事前準備1回目と山脇さん

・2018年08月 ツリークライミング講習&トレーニング

・2018年07月 タコノキの森剪定作業

・2018年02月 『オガグワの森プロジェクト』近自然工法による歩道づくりイベント参加

・2018年01月 『オガグワの森プロジェクト』森の地図づくりイベント参加

・2018年01月 『オガグワの森プロジェクト(仮称)』森の地図づくりイベント事前踏査への参加

・2018年01月 外来種駆除や枯損木伐採、間伐による木材の有効利用

・2017年08月 『オガグワの森プロジェクト(仮称)』現地踏査の参加

・2017年08月 外来植物(ギンネム)を使った炭焼き活動

・2017年05月 NPO法人野生研との道路敷き除草作業

・2017年05月 NPO法人野生研との大神山公園外来種駆除作業